ガンオン一足早い夏休み? 自由研究の時間

ガンダムオンライン現在のバランスが極端に偏っているのは先日お伝えしたとおり。

そのため、最近は割り切って違う視点でプレイしようと試みている。
現環境においてあまり使用されない機体を1機ずつ採用したり、調整が一切入らないまま放置されている武器系統(ビーム・キャノン)を使ってみたりといった感じだ。
今週も特にこれといった調整やイベントが無いためガンオンの熱量は低空飛行のままだろう。

それでも自分なりに楽しめる範囲でプレイしていければと思っている。

そのスタンスでも厳しいと感じた時はシーズン2のAPEXLEGENDSをプレイして、チーターに発狂するサイクル。

余談だが最近何故かドムが面白く感じる。

当然被断面積などで厳しい戦いを強いられるのだが、高威力高ダウンポイントのバズーカとマシンガンH型を所持。
しかも最高速度1400を超える速さ。
ブーストチャージが「恐ろしいまでに」低いという弱点を持ったものの、低コスト帯として見ると意外と戦いやすいポテンシャルを持っている。
ブーストの時間がとても長いので意外と本拠地凸にもついていくことが出来るのもポイント。

そういった地味ながら「なんとか戦えなくもない」機体を探すのが最近の楽しみだ。

本当はガンオンファイト用の「なんとか戦えなくもない」機体を探したいのだが、ガンオンファイト自体1,2ヶ月に数回しか実施されないのが残念でならない。

そろそろ夏休みにはいる。

学生は長期休暇に入るため夏休み用の連戦イベントが用意されていると信じたい。

関連記事

ページ上部へ戻る