2019年11月のガンオンファイト、キーはクロスボーン・ガンダムと高台

残り4回実施されるガンオンファイト。

今回使用機体は連邦、ジオン共通の機体。

クロスボーン・ガンダムX-1(X-2)
メッサーラ
パラス・アテネ
ポリノークサマーン

キーマンはクロスボーン・ガンダム。
機動性がダントツに高く、他の機体が大きめの機体のため切りやすい。
ただし、試合時間10分(600秒)なので再出撃時間350秒のクロスボーン・ガンダムは使い所が重要。
出せても2回しか出撃できない。

そんなクロスボーン・ガンダムを「どう捌くか」が重要となる。

クロスボーン・ガンダムは格闘機体なのでちょっとした高台や障害物に乗っているだけで格闘を当てるハードルが上がる。
そのためクロスボーン・ガンダム以外の機体を使っている時は平地ではなく高台を意識すると「事故」が減る
チームとしてこの事故率をへらすことで勝率は上がるだろう。

特にメッサーラは射程距離に優れているので数機体で高台キープすることでかなりの弾幕とプレッシャーを与えることができる。
クロスボーン・ガンダムばかり目がいきがちな編成だが、メッサーラやパラス・アテネも射撃性能はかなり良いので丁寧に立ち回ると良いだろう。

昨夜は20時と23時の回、どちらも出撃した。
なかなか良いシーンもあったので良かったらチェックしてほしい。

関連記事

ページ上部へ戻る