[2019Newモデル]ROCCAT KAIN 120 AIMO & SENSE AIMO レビュー

今回開封したのは「ROCCAT KAIN 120 AIMO BLACK

ROCCATの新シリーズ「KAIN」のゲーミングマウス。

ポイント

  • 従来のKoneシリーズからデザインとセンサーを一新
  • 持ちやすい標準的なたまご型フォルムへ
  • クリック幅の広いクリックボタンと大きいサイドボタン
  • オンボードメモリー搭載でPS4などでも使える
  • EasyShift機能に対応(EasyShiftは要ソフトウェア)
  • AIMO対応で他AIMOデバイスと連動させることができる

まとめ

扱いやすく進化したROCCAT新シリーズゲーミングマウス

今回のKAINは大幅に性能面で進化している。
デザイン製はKone pureシリーズに少し劣るものの、丸みが帯びたたまご型フォルムはとても持ちやすい。
クリックボタンが広く手前持ちからかぶせ持ちまでしっかり対応するのもポイント。
サイドボタンも大きく押しやすい。
EasyShift機能に対応しているのでソフトウェアを使えば実質倍のボタンを使うことができる。
ドイツメーカーらしく「質実剛健」な高性能ゲーミングマウス。
オンボードメモリー対応なのでPS4などのコンシューマーでも使うことができる。

ROCCATは地味ながら名品を産出するメーカーとして私の中で評判が良い。

知名度で大手ブランドに遅れを取っているものの、性能重視の人はROCCAT製品をチェック項目に入れてみては・・・?
動画で実機をチェック、解説しているので良かったらそちらもチェック!

動画

リンク

ゲーマー向けパソコン購入ガイド

g-tunexsilv-corabo-468

カテゴリー別動画再生リスト

関連記事

ページ上部へ戻る