CES2020 Patriot Viper 写真で見る新製品まとめ コスパ最強キーボード他

CES2020 Patriotブース。
Patriotはゲーミングブランド「Viper」を持っており、キーボードなどを展開している。

先日多機能で安いゲーミングキーボードをV765をレビューした。

そのご縁でプライベートブースに招待頂いたのでCES2020 Patriotブースを紹介。
PatriotはPCパーツのメモリやSSDを中心に展開している。
コストパフォーマンスに優れたメモリやハイエンドのメモリまで様々。
ハイエンドメモリも「Viper」と型番がついている。

ノート向けも扱っており、使ったことがある人も多いのではないだろうか。

RGBが主流の現在において、あえて光らないBlackoutというメモリを出したりもしている。

搭載したPCも展示されていたのだが、これはなかなかシックでいい感じ。

流行を追ったRGBモデルも当然展開している。

NVMeのSSDまで光る時代に突入してしまった。

専用の管理ソフトウェアがあり、OS上からワンタッチでカラー変更が可能。

キーボード

日本未発売のゲーミングキーボードV770が今回の新製品。

V765と違いボックススイッチではなく通常のメカニカルキーを採用(Kaihl)

パームレストが光る。しかも取り付けが簡単。

取り外すと消え、本体に装着するとつく。ありそうでなかった製品。

各種メディアキーも搭載しており、日本展開が待ち遠しい製品。

製品の種類はそこまで多くないのだが、粒ぞろいのゲーミングブランド。

日本での本格展開に期待したい。

リンク

関連記事

ページ上部へ戻る