ポイントハンターしるび 自己採点の高い立ち回り

昨夜の生放送は自己採点の高い立ち回りができた。
現在のガンオンシステムに適用した立ち回りと言えよう。

初動で本拠地突撃をしっかりと決める。
まず最初の難関がココ。初動凸は運も絡むので初動凸がうまく行かなかった場合はそこから持ち直す立ち回りも重要となる。

凸マップにおいては初動凸が失敗した場合用に支援機を1機採用する。

凸が成功しにくい問題のテキサスコロニーも北で稼ぐ時間を見極めることで対応が可能。
1試合の展開が速いタクラマカン砂漠は初動凸がうまく行かなかった場合の持ち直しが難しいのでタクラマカン砂漠に関してはもっと研究が必要と感じた。

先週までと違いポイントの入りやすい立ち回りを意識した動きになっているので、ポイントが稼げない。上位になりにくいと言ったプレイヤーの方は参考になるかもしれない。

テキサスコロニーなどはどうしても作業感が出てくる動きになってしまうのが残念。
もうちょっとポイント取得手段が増えると立ち回りの選択幅が増えるので今月のアップデートに期待したい。
とりあえず今シーズンは割り切ってポイントハンターとしての立ち回りを詰めていこうと思っている。
よかったら生放送に来てくれると嬉しい。

生放送アーカイブ

関連記事

ページ上部へ戻る