2020年5月シーズン MVPランキング

MVP(正しくはMost valuable MSでMVMS)

今シーズンも残り10日を残す所となった。シーズンはラストスパートに入るところだが、ここで一度今シーズンを振り返り現時点での有力モビルスーツを紹介しよう。

ランキングNo1

今シーズン最も活躍、出場したモビルスーツは「フルアーマー0ガンダム」
コスト280として高い射撃性能、防御性能を持ちデッキのつなぎとして功績金を取ることも多かった。
コスト280と低コストとしてギリギリ許容できるコスト。チャージビームライフルからの内蔵コンボによる手数の多さ。
単体で敵を倒して無双しまくるといった機体では無いが、影の実力者として今シーズンを支えてくれた機体
ビームシューター特性を引けたのも大きい。
今シーズンはその貢献度の高さと出場回数の多さから文句なしでMVMS ランキングNo1の機体だ。

ランキングNo2

しるびデッキの稼ぎ頭。
どんなマップでも活躍できるため困ったらクシャトリヤ・リペアードということも多かった。
範囲火力が抜群に高く、ロングチャージビームライフル射程外からの攻撃や遮蔽物に隠れて待っている敵へ攻撃できるのが強み。

特に足を止めて撃ち合うテキサスコロニーやシャングリラのようなマップと相性が良く30連続撃破といったシーンも見せてくれた機体

巨大な機体なので被弾率が高く味方の射線を塞ぐ。
コスト380はミッションユニットlv4適用外。
そういったデメリットもハッキリしているので運用する際は気をつけよう。

ランキングNo3

今シーズン飛躍的に強化された機体。
圧倒的機動性とGNブレイドによる高ダウンポイントを併せ持つ機体。
本拠地突撃にも行ける柔軟性の高さを持つ。
戦場では一射一殺で高い撃破率を叩き出していた。
ただし、防御性能はほとんど無いので打たれ弱く流れ弾による被弾で落ちることもしばしば。
爆発力は高いが不安定な機体なので採用率はマップ次第。
機動性が高い反面、狭いマップだと壁にぶつかってしまうので広いマップと相性が良い。

ポテンシャルは間違いなく今シーズントップクラスだが、運用の難しさからNo3の機体。

ランキングNo4

アヴァランチエクシアと同じく今シーズン飛躍的に強化された機体。
アヴァランチエクシアと違い高い安定性を持つ機体
火力や機動力こそアヴァランチエクシアに劣るものの被ダウンポイント軽減を持つため高ダウンポイント武器で一撃ダウンしないのが強み。
ハンマーのリロードが早いので高ダウンポイント攻撃を連射できるのが魅力。
ランキングこそNo4だが使用率はアヴァランチエクシアと同じかむしろ高い機体。

ランキングNo5

ご存知超回復支援機体。

本来支援機を使わないプレイヤーでも使ってしまう機体。
支援ポイントを効率的に取るため必要な機体。
今シーズンは撃破が難しいので敵を倒しにくかったり本拠地に到達しにくいマップでは支援ポイントが重要になる。
回復行為による支援ポイントは上限が200ptなので200ptを目安に乗り換える機体。
試合の序盤はボリノーク・サマーンだらけなのに試合終盤になると支援不足になるのはこの支援ポイントの上限が原因。
回復行為や支援行為に対してもう少しポイント緩和があると他の支援機も増えるのだが・・・。
私にとってはポイントを稼ぎにくいテキサスコロニー専用機体となっている。

最近はアイザック(袖付き)を使うことが増えて採用機会が減ったものの、回復量の多さと複数をまとめて修理できる強みは支援機トップクラスの性能だ。

関連記事

ページ上部へ戻る