見えない壁

何か新しいことを始めようとする時に壁がある。
「最初の一歩」と言う名の壁。

この壁はやろうと決めたその日から日を重ねるごとに高くなる。

実のところ、壁なんてないことが多い。
ただ単に自分で壁を作っているのだ。

めんどくさい。
忙しい。
かったるい。
やる気が起きない。

こういう小さな負の積み重ねが大きな壁になっていく。
そしていつの間にか超えられない壁になっていることすらある。

この壁は自分にしか見えない。
だから、自分にしか壊せない。

不思議なもので、この壁は最初の一歩を踏み出すと勝手に壊れていく。
しかも思ったよりスムーズに行くこともある。

そして思うのだ。

「何て些細な事に悩んでいたんだろう」と

超えてみると大したことない壁だったりする。
大事なのは踏み出すこと。

早ければ早いほうがいい。
壁がまだ低いからだ。
低いうちに超えてしまおう。

そうやって少しずつ進んでいこう。

ページ上部へ戻る