ゲームはエンターテイメント。

ゲームはエンターテイメント。

本来は関わる全ての者を楽しませるものだと私は思っている。

作り手、遊び手、観客。

それらが良い方向に作用した時、最高のエンターテイメントになる。

そう、信じている。

しかし、最近感じることがある。
それは作り手の楽しみを感じない作品が増えてきていること。

代表的なのが、全てが使い回しのスマホゲーム。
作り手が利益だけを追求した最終形。

もはやあれはゲームではない。
単なる集金ツールだ。

しかし、そういう作品が「ウケて」いるのも事実。
ウケているというのは求められているということ。
作りこまれたゲームよりそういうモノの方が求められているのだ。

残念ながら需要がある。
だからこそ今後も増え続けていくだろう。
ゲーマーとしてこれはとても悲しい現実だ。

だからせめて、私は少しでもこの流れに逆らってやろうと思う。

知名度は低いものの面白いゲーム。
埋もれてしまっているが魅力的なゲーム。

そういうものを積極的に配信していく。
そうすることでエンターテイメントとしてのゲームのあり方。
それを追求していきたい。

ページ上部へ戻る