Diablo III 最大の挑戦と失敗

DiabloIIIで最も注目を浴びたシステム「オークションハウス」
リアルマネーを使ってアイテムを売り買いできるシステムだ。

前作DiabloIIでリアルマネートレード(RMT)業者が横行していた。
その状況を打破すべく、DiabloIIIでBlizzardは自らRMTが出来る環境を整えた。

私も何度か利用したことがある。
手に入れたレア装備が実際のお金に変わる瞬間はなんとも言えない感覚だった。

しかし、その感動も一瞬で崩壊した。

世界中の廃人どもがゲームではなく「金稼ぎを目的」としてプレイし始めたのだ。
そうなるとどうなるか・・・。

ゲーム内のレアアイテムが次から次へとオークションハウスに並ぶようになった。
そのあまりの数に価格破壊を起こした。

ゲーム内で相当頑張らないと手に入らない武器が5ドル(500円)も出せば簡単に手に入る状態。
おかげでアイテムを探す楽しみが大幅に失われてしまった。

せっかく手に入れたアイテムもオークションハウスを見ると二束三文で叩き売られている現実。
実装前は予期していなかった負の面が一気に表面化した。
そんな状況をBlizzardは良しとしなかった。

DiabloIII発売から約1年後、Blizzardは「オークションハウスの閉鎖」を決定した。

そして今日、オークションハウスが閉鎖された。

今、新たなDiabloIIIが始まる。

少し復帰してみようかな・・・?

Diablo III (輸入版:北米)
Diablo III (輸入版:北米)
posted with amazlet at 14.03.19
Blizzard Entertainment (2012-05-15)
売り上げランキング: 5,243

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る