3月18日ガンオンアップデート : モジュール、特性強化 【 箱型本拠地は? 】

ガンオン攻略

3月18日のアップデート詳細

主な変更点

  • 特性強化
  • モジュール強化(一部弱体化)
  • 機体お気に入りの追加
  • EXイベント実施

大規模戦フィールド配信スケジュール

鉱山都市 -疾風怒濤- -都市電撃戦-
オデッサ沿岸部 -鉄の嵐- 
キャリフォルニアベース -戦慄の港-
トリントン -終わりなき追撃-
テキサスコロニー -剛毅果断-
暗礁宙域 -宙域殲滅戦-

【同軍戦】
テキサスコロニー -剛毅果断-

特性強化

  • ウィークシューター
  • ヘッドショット、またはバックショット時のダメージの増加量が上昇

  • 制圧強化システム
  • 拠点制圧範囲内でのアーマー回復量が上昇

  • 現地改修機体
  • 敵機体を撃破した時、自機の残弾数が一定量回復する効果を追加

  • 高機動カスタマイズ
  • ダッシュ/ジャンプ時のブースト消費量を軽減する効果を追加

バトルアシストモジュール関連変更点

ユーザーインターフェイスの調整

・スロット数による検索機能の追加
装備に必要なスロット数別に検索を行う機能を追加いたします。

バトルアシストモジュール分類の整理

バトルアシストモジュールを以下の5種類に再分類いたします。
 攻撃 / 防御 / 移動 / 特殊 / 補助

ゲームバランス調整の為、以下のバトルアシストモジュールの調整

効果上昇

 ダッシュ制御 Ⅲ
 ジャンプ制御 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 メインカメラ装甲 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 背面装甲 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 実弾装甲 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 ビーム装甲 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 爆発装甲 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ

 水中装甲 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 格闘装甲 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 シールドブレイク Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 カメラアイ強化
 補助兵器操作
 高速投擲
 シールドリペア
 宙域姿勢制御
 【よろけ】機体バランス補助 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 オーバーヒート冷却 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 【転倒】機体バランス補助 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 高速切替 Ⅲ
 高速装填 Ⅲ
 高速補修 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 反動制御 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 炎上時間軽減
 クイックロックオン Ⅲ
 誘導感知範囲強化 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 クイックチャージ Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ

装備スロット数が減少

 ジャンプ制御 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 転倒姿勢制御 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
 ロックオン感知試作型
 ロックオン感知改良型
 ミサイル高感度検知
 シールドリペア
 榴弾着弾予測
 緊急帰投補助

「カメラガン強化」による索敵効果の延長時間を以下の通り弱体化

    変更前  変更後
 Ⅰ  20秒  10秒
 Ⅱ  30秒  15秒
 Ⅲ  50秒  25秒

機体お気に入り機能の追加

よく使用する機体を優先的に表示する「お気に入り」機能を実装

EXガシャコンvol.12の開催

【ジオン公国軍】
ザクIIS型(重撃装備) [重撃 地/宇]

【地球連邦軍】
ジム・キャノン(WD隊仕様) [強襲 地上]

コメント

参戦数テコ入れEXイベントをやる理由

先週までEXイベントだったのにもかかわらずEXが再度登場。
これは全体的なモチベーション低下による接続数減少、戦闘数の減少が原因だろう。
正直フレナハ依存と相変わらずアレケンゲーすぎて大分モチベが下がっている。
せっかく0083で色々な機体の活路が見えてきたのにフレナハやアレケンを調整しなかったせいで他機体の芽を潰した感じ。
その為私のように「1日数戦プレイチケットゲット勢」が多いのでは無いだろうか。

モジュール調整より箱型本拠地やマップ構造変更を優先してほしかった。

そもそもの醍醐味であったMSによる歩兵戦が火力、機動力インフレでかなり大味になった。
おかげで試合中高速で空を飛ぶフレッドピクシーを叩き落とすか、歩兵戦そっちのけで本拠地へひたすらいくゲームになってしまった。
既存マップは見渡しの良いマップが多く、多対多の状況が多発し火力インフレで前線機体の生存時間が激減したのもあるのだろう。

弱体化をしないということは「更なる強機体を出すか更にインフレ加速させるかの二択」

今後どんどん大味なゲームになっていく気がしてならない今日このごろだ。
せめて機体コストぐらいはいじってもいいのでは無いだろうか。
明らかに強い、流行っている機体はコストを上げ、使用率の低い機体は下げる。

たったそれだけでも変わってくる気がするのだが・・・。

モジュール強化で必要な「数値表記」

現在のモジュールは表記が曖昧だ。

例 : 爆発装甲
【爆発】武器により受けるダメージをわずかに軽減する
【爆発】武器により受けるダメージを少し軽減する
【爆発】武器により受けるダメージを軽減する

これではどの程度効果があるのかわからない
有志による検証で3%,5%,8%の軽減効果があることが判明している。
しかし、検証しないとわからないような表記はこの際やめてほしい。
特性のように最初から数字でパーセンテージを出した方がわかりやすい。
そうすることでより機体がカスタマイズしやすくなり、モジュールによる新たな可能性も生まれてくるのでは無いだろうか。

特性強化にハブられた不遇特性

対爆発装甲
水中装甲(活躍する水辺が少なすぎるため)
爆風拡大(バズーカ、グレネード)
クイックスイッチ
クイックリロード

クイック系は効果を統合しても良いのではないだろうか。
対爆発装甲や水中装甲はレベルMAXで最大50%ぐらい軽減しても良い。
火力インフレの中、それぐらいしないと効果が薄いというのが正直なところだ。
シールドガーターはシールドが自動回復する効果などあっても良い。
インフレさせるなら変更が効かない特性は一番インフレしても良い部分だと感じる。

近況

風邪で体調を崩した。
HDDの容量がかなり厳しい。
フレナハアレケンゲー。

この3つからモチベが低め。
年末年始にプレイしまくった反動もあるのだろう。
次に来るであろう「箱型本拠地やマップ構造変更」待ち。
こういう時は無理してプレイせずモチベ回復を待つのが一番。
19日にバトルフィールドハードラインが来るのでしばらくはそちらがメインになるかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました