ASRockはMod(変態)PCの巣窟だった [COMPUTEX TAIPEI 2019]

COMPUTEX TAIPEI 2019
初日から参戦。
CES2019と違い現地やメーカーに知り合いが多く、今回はたくさんのブース巡りというよりはご挨拶巡り。
それだけであっという間に一日目、二日目が終わってしまった。

ASRockは自作するときにお世話になったブランド。

会場に到着するなり見かけたので突貫してみた。
早速Twitter中の人を発見したのでパシャリ。

ブースの最も目立つところに変態PCが置いてあるのがさすがASRockといったところ。

目立つところにMODPCが数多く並び、ブースの内側はパーツが所狭しと並んでいた。

メインはRyzen3関連のものが多かったのだが、それでもMODPCでかなりスペースを割いていたのが特徴的だった。
MODPCはどれも個性派揃いで、各地のMODerからレンタルしたものを展示していたようだ。
百式みたいなのもあってテンションが上がる。

今回は動画で撮ってみたのでぜひ見てほしい。
COMPUTEX 関連記事はガンガン出していくのでよかったらチェックしてね!

関連記事

ページ上部へ戻る