FaZe Tfue愛用 Ducky One 2 Mini RGB 徹底レビュー コンパクト静音赤軸高機能キーボード

今回レビューしたのは「Ducky One 2 Mini RGB

2019年8月時点で13,500円。
海外プロゲーマーが使用したことで爆発的に知名度を得たコンパクトゲーミングキーボード。
コンパクトでRGB対応の珍しいモデル。その上値段がお手頃なのも後押しして今一部で人気のキーボード。
専用ソフトウェアを必要とせずキーボードで様々なショートカットに対応している。
交換用のキートップも発売されており、きせかえできるのもポイントだ。
2019年キーボード界隈で勢いを増しているDuckyとVarmilo。

このDucky One 2 Miniはホワイトバージョンも発売されており、カラーバリエーションモデルの展開も今後期待できそうだ。

軸が複数あり、Cherryの静音赤軸モデルもある。
かなり静かで、それでいてメカニカルの打鍵感を楽しめるのがポイント。

テンキーレスよりも更に小さいコンパクトキーボードは今まで自作キーボードやプログラマーなどを中心に愛用されていた。
2019年になってゲーマーにもコンパクトキーボードの認知が一気に増えたのが嬉しい。

ただし、ゲーム以外の用途として使おうと思った場合コンパクトキーボードはかなり癖が強い。
ショートカットを多用しなければならず、本来ならば1キーで済むようなことも複数の工程が必要となる。
そういった「煩わしさ」も併せ持つので、ゲームに特化させる場合も注意が必要だ。
机上のスペースを大きく確保できるので低センシのプレイヤーに相性が良い。

イルミネーションの光り方もかなりカッコよく値段もコスパが良いのでぜひ一台は持っておきたいキーボードだ。
動画でレビューしているのでぜひそちらも参照してほしい。

動画

リンク

打鍵音

ゲーマー向けパソコン購入ガイド

g-tunexsilv-corabo-468

カテゴリー別動画再生リスト

関連記事

ページ上部へ戻る