ガンオン 使用率急上昇機体 [ジオン、連邦]

ガンオン生放送において、最近使用率が急上昇、または高い使用率を持っている機体Pickup!

ジオン

クロスボーンガンダムX-2

8月下旬のアップデートにてシザーアンカーの弱体化(と思われる)が公式に表明されている機体。
そのため「使えるうちに使っておこう」という弔いの気持ちで使っている。
フォルムがカッコよくメタルビルドプラモすら買った機体なので思い入れが強い。
格闘性能は抜群に高いのでシザーアンカーに頼り切らない立ち回りも少し模索している。
残り1ヶ月の命となるのだろうか・・・!?

武者頑駄無摩亜屈

テキサスコロニー鉄板機体。
カウンターの性能がとても高く、相手の行動を大きく制限するのが強み。
アーマー値が高く被ダウンポイントを軽減するモジュールを持っているので防御性能も高いのが地味に評価高い。
何より武者頑駄無同士がかち合った時の「微妙な空気感と駆け引き」がとても楽しい。
遠距離マップでは何もできないので運用箇所が限定されるのがネック。

シャア専用ザクIIS型

前回のEXガシャにてEX機体が配布された機体。
本来はデイリーボーナスチケットによる入手のみなので特性を上げるのが難しい。
しかし、EX機体の登場により特性を上げることが可能になった。
先日のEXガシャイベントで「遂に制圧強化システムがlv5」になったのでバトルエリアがあるダカールなどと相性が抜群。
機動性が高くモジュールによって命中精度も高い上に武器も癖が無い扱いやすい機体。
しかし全体的に火力が低いため相手を倒し切る手段に乏しいのが難点。
先手をとっても撃ち負けることすらあるため弾幕中心の立ち回りになる。
火力面で難があるものの、汎用性の高い中コスト機体として重宝する機体。

シャア専用ザクII(オリジン)

敵を倒すことで半永久的にブーストし続けられる機体。
射撃性能がかなり良いコスト340機体なのだが、弾数が少なく弾切れを起こしやすい機体。
シールドが無いダウンゲージlv1機体のため流れ弾から即死することもしばしば起こるので立ち回りに注意が必要。
最近は胸部バルカン砲を外して「MS用バズーカI、MS用マシンガンM型、ヒートホークO式」が安定する。
ヒートホークO式は攻撃後のスキが殆どないのでよろけさせた敵への追撃に安定する。
こちらもシャア専用ザクIIS型と同じく射撃火力はそこまで高くないので弾幕中心やMS用バズーカI型からの空中ダウン狙いがメイン戦法となる。

ドム

ジオン急上昇機体。
なんか使っていて楽しいから最近採用しまくっている。
別に強いとかそういう理由では無いのだが、機動性が高く高性能バズーカと通常のマシンガンを所持しているため白兵戦機体としてそこそこ使えるという感じ。
機動性、特にブースト持続時間が長いので追撃性能が高く、機動性を活かしたネズミ行動がしやすいのがポイント。

低コスト枠ならばヅダが安定なのだが、ヅダは極端にブーストが短いので扱いにくい。
ジオンは全般として低コストが全体的に厳しい実状
そんな中ブーストをし続けられるドムに焦点があたった形。
グフ(ランバラル機)がもうちょっと射撃面で優れていたらドムに焦点があたることもなかっただろう。
奇妙な巡り会わせだ。

連邦

ナラティブガンダムC装備

「専用モジュール : サイコパッケージ」がエグい。
被弾率が大幅に下るので最前線で立ち回りがとてもしやすい。
ただし、瞬間的な火力に乏しいので相手を倒し切るのに時間を要してしまう。
瞬間的な火力が重視されるゲームなので瞬間的な火力がない分、命中率に磨きをかける機体。
コスト400にも仕掛けていける強みを持っているので好戦的に戦えるのがポイント。
ただしローゼンズール、貴様は駄目だ。(天敵)

ガンダム(オリジン)

コスト340ぶっ壊れ機体。
ただしくは「ショルダーマグナムの性能がおかしい」。
ショルダーマグナムだけで高コストを喰えるぐらい射撃性能がぶっ飛んでいる武器。
特にジオン機体は大きい機体ばかりなのでガンガン狙っていける。
敵を倒すと即時リロードされるので半永久的に撃ちまくれるのもポイント。
コスト340としては破格の性能を持った機体。

ガンダムヘッド(サンダーボルト)

もっと評価されるべき機体
盾を構えたまま高威力マシンガンとマゼラトップ砲を切替なしで撃てる。しかもコスト300。
モジュール枠が4つなのでシールド大破抑制も搭載できシールドを何度も回復出来る。
機体性能はコスト300相当だが、特性によってはアーマー値や最高速度が上がるのもポイント。
中コストとしては破格の性能を持った機体。

局地型ガンダム(オリジン)

連邦低コスト最強機体の一角。
直近で実装されたガンダムFSD[THE ORIGIN] にマシンガンのダウンポイントや格闘能力で劣るものの、高機動カスタマイズ特性ならば大幅に機動性を強化できる。
マシンガンH型を持っているのもポイント。
FSD、局地型ガンダムともに連邦低コスト枠としては飛び抜けた性能を持っている。
これら2機に対応できるジオン低コスト機が正直なところ居ない。
ヅダはこの2機に比べブースト容量と格闘性能に大きな差があるため扱いやすさに差がある。
機体が大きいジオン機にはマシンガンがガンガン当たるのも影響が大きい。

関連記事

ページ上部へ戻る