ガンオン 最近入手したけど一切使わなくなった機体一覧

ゲットしたけどそういえば使わなくなったよねという機体を羅列。
使わなくなった理由とともに簡単に紹介。

ジオン

ズサ(袖付き仕様機)強襲用装備

状態異常の敵にはべらぼうに火力が出る反面、焼夷弾が使いにくすぎ。
そもそもジオン軍は状態異常にする僚機がほとんど居ないので強みを活かせない。
焼夷弾の命中率が安定しないため自然と採用率が減っていった。

カプール

マスコットというには厳しすぎる性能。
その上コスト340なのだから使いみちもなくどうしようもない機体。
水中装甲モジュールもなければ水中でダメージアップもしない。
アッガイはコスト220だから採用しても良いかなと思えるがカプールは340、水中マップですら採用を見送ってしまう。
素直にズゴックEを使おう。

ジュアッグ(強襲装備)

クロスボーンガンダムですら厳しい昨今、この機体でどうするのだという機体。
ダッシュ格闘のモーションが遅くモーションの当たり判定に癖がある。
通常の機動性もほどほどの上に被弾面積が大きい。
射撃性能も皆無なので近接マップでも遠距離マップ使い道を見いだせない。
ベルファストだったら試しに使ってみても良いかな程度。(実装後ベルファストはまだ回ってきていない)

バウ(グレミー軍機)

最近というのには少し語弊はあるが紹介。
シールド内蔵メガ粒子砲(ビーム・マシンガン互換武器)の射撃性能が下がりすぎ問題
前回の統合整備計画にてマシンガンと全体的なアーマー強化が実施された。
そこで取り残されたビーム・マシンガン互換武器が軒並み悲惨なことになっている。
あれだけ前線に居たバウ(グレミー軍機)は完全に淘汰されてしまった。
ジオンでは数少ない扱いやすい機体なのでビーム・マシンガン系の強化が来れば・・・。

連邦軍

ガンダムF90 2号機

器用貧乏、八方美人、中途半端、そんな言葉が頭をよぎる。
入手1週間待たずにベンチ(倉庫)入りの異例のスピード降格
ベースタイプで戦うには射程が足りず、Sタイプで戦うには脆すぎる。
コスト400がぞろぞろ居る将官戦場において存在感を放つには色々と足りなすぎる。
特にモードチェンジのスキがどうしようもない。
8月下旬の統合整備計画で救われるのだろう?
しかしそこで強化がきても既に旬を過ぎているため今更感が拭えないが果たして・・・?

陸戦型ガンダム(砂漠戦仕様)

改良型180mmキャノン以外特筆すべきところが無い。
特に機動性が低すぎるのがネックとなりコスト320として扱いにくさが目立つ。
この改良型180mmキャノンは射撃性能が全体的に低いジオン軍にこそ実装していたら評価も変わった武器
全体的に射撃性能が優れている機体が多い連邦軍においては埋没してしまった。
ジュアッグ(強襲)とコンバートを。

グフカス・タール

武器性能は良いがダッシュ(大出力ジェネレーター)1回しか使えないのがキツイ。
そして機体がデカい。
ダッシュ2回になれば使い所はかなり増えると思うだけに残念。
改良型ビーム・ライフルはかなり性能が良いのだが活かしきれない。
小規模戦闘ならかなり戦いやすい機体だが、そもそも射撃性能に優れて大規模戦しやすい機体が揃っている連邦軍において優先度が低くなる機体。
同時期に実装されたリゲルグ(袖付き)と違い射撃性能が優れているのでダッシュ回数さえ増えれば面白くなりそうな機体。

関連記事

ページ上部へ戻る