ガンオン統合整備計画詳細発表をチェックしてみた

ガンオン統合整備計画の詳細が発表された。
早速チェックしてみた

調整の肝である「ブーストダッシュ機能の追加」「ロックオンシステムの追加」に関しては15日の公式生放送で発表。

機体に関しては個別調整機体以外は弾速が低下するのみ

弾速低下対象外の武器は主に「ビーム・キャノン」「照射型ビーム(ゲロビ)」「ショットガン」「スナイパーライフル」系統の武器。
中でも重要なのはショットガン系統と照射型ビーム。
特にショットガン持ち機体は全体的な交戦距離が短くなる(と思われる)ため今までよりかなり扱いやすくなるだろう。
サザビーや百式、ガンダムMk-II、ディジェといった高性能ショットガン持ち機体は機体の準備をしておいても良さそうだ。

ロックオンシステムの追加により遠距離での命中精度が下った場合、遠距離中心で立ち回っていた機体は立ち回りの変更を余儀なくされる。
フルアーマーユニコーンガンダムやνガンダムといった機体がアップデート後に使用感がどこまで変わるか真っ先にチェックしておくと良いだろう。

武者頑駄無の弱体化によりクロスボーン・ガンダムX-1、X-2といった格闘特化機がいよいよ大手を振る時が来たかもしれない。
ジ・オの再来も考えられる。
高機動格闘機も準備しておくと良さそうだ。

なんにせよ公式生放送まで後1日、楽しみでならない。

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る