ガンオン5月27日新機体「レイダーガンダム、ガンダムキュリオス、ガンダムスローネツヴァイ」

ガンオン、次回DX機体が公式運営だよりにて公開。
動画も公開されているのでチェックしておこう。

今回実装される機体は全てコスト340強襲機体。

オーダー

レイダーガンダム
ガンダムスローネツヴァイ(サーシェス)

リベリオン

ガンダムキュリオス
ガンダムスローネツヴァイ(ミハエル)

レイダーガンダム

色々と詰め込んだハンマー持ち強襲機体。

1 照射型ビーム(弾数少なめ)
2 連射性の高いフルオートビームライフル
3 アマクサのハンマーのような武器
4 チャージハンマー
5 1発式の謎の武器 (動画では装備していたのみ)

可変も恐らくできると思うのだが、動画内では変形モーションはしていない。
照射型ビームの弾数が8と少なかったりハンマーのダウンポイントがアマクサほど高くなかったり、武装がコスト340に抑えられている印象。
ハンマーとチャージハンマーが別武器なのでアマクサのようなハンマー主体の立ち回りも可能だし、チャージ格闘機としての運用も可能といった感じ。
後ろの羽に当たり判定があるならば、射撃戦は被断面積の広さがネックとなりそうだ。

ガンダムキュリオス

武装がかなり「ユニオンフラッグカスタムII」に似た機体

1 3点式の高ダウンポイントビームライフル
2 セミオートビームライフル
3 威力の高いガトリング系ビームライフル
4 覚醒
5 覚醒中に敵を倒すと即時リロードとブースト回復
6 アマクサのシールドクローに似た格闘武器
7 可変可能

ユニオンフラッグカスタムIIのビームバージョンといった印象。
3点式の高ダウンポイントビームライフルはバンシィ・ノルンやガンダムF91が持つものと挙動が似ており、実績のある武器。
単発高ダウンポイントでは無いので命中精度上昇補正を受けられない点がネックか。
わざわざ格闘武器を2種も紹介しているあたり、武装が少ないのだと思われる。
最近の可変機では同コストにイージスガンダムが居る。イージスガンダムと差別化をどう図ってくるかが見もの

ガンダムスローネツヴァイ

オーダーとリベリオンで同じ機体だが一部武装が違う。
最近だとバスターガンダムがこのやり方。

1 大型のビームソード
2 二刀流の多段格闘
3 フルオートビームライフル
4 ファンネル
5 2発式のスタンブレード
6 覚醒

動画を見ただけで「曲者」の風格を持った機体。
ファンネルと格闘を持つかなり個性的な機体のようだ。
覚醒することでファンネルやスタンブレードの特徴が変化する?ようだ
動画を見てもらうとわかるのだが、覚醒が5秒間のみととても短くなっているので短時間に大幅強化されるタイプの覚醒
ファンネルを当てると何かしらの状態異常が付与されている。
その状態の敵へスタンブレードを当てるとスタン時間が延長されている。
格闘を当てるために覚醒>ファンネル>スタンブレード>格闘と4段階手順を踏まないといけない点で正直微妙
格闘機がそんなことをやっている余裕は無い。

スタンブレード格闘コンボが実用範囲ならば格闘範囲は広そうなのでコスト340格闘機として扱いやすそうだ。
相手へ距離をつめるためのファンネル、そこからのスタンブレード、そして格闘という感じか。
被ダウンポイント低減などの防御性能が高ければ面白い格闘機になるかもしれない。

今回は新機体以上に命中精度上昇補正(誘導補正)が弱体化される。
その弱体化程度によってはフルオートビームライフル機体が復権する。
今回の新機体はどれもセミオートよりもフルオートビームライフル持ち機体が多いので誘導補正次第では十分運用可能なレベルに落ち着くだろう。

関連記事

ページ上部へ戻る