20200726ガンオン公式配信まとめ[鉄血のオルフェンズ ガンダムAGE実装]

20200726日の配信内容

  • 大型アップデート「撃」
  • これからのガンオンはこうなる!

大型アップデート「撃」

新機体

オーダー

ガンダムAGE-1ノーマル コスト340

換装できる機体
エールストライクガンダムに近い機体。
覚醒モード「AGEシステム」がある。
モジュール : AGEシステム

・ノーマル
特徴 : 平均的な機体性能
1 : 3発撃てるセミオート(精密射撃)高DP
2 : セミオートビームライフル
3 : 格闘武器
AGEシステム : 最高速度と威力上昇( 20秒 CT30秒)

・タイタス(重量格闘機体)
特徴 : アーマーが高い、最高速度が遅い
1 : チャージ格闘
2 : ナックル(通常格闘)
3 : 投擲プログラム(石を投げる)
AGEシステム : 転倒無効、被ダメージ低減 (30秒 CT30秒)

・スパロー(機動格闘機体、ねずみ機体)
特徴 : アーマーが低い、最高速度が高い
1 : 投擲スタン
2 : ブレード(通常格闘)
3 : バルカン
4 : ステルスモード
AGEシステム : DP軽減、ニードルガンの威力アップ、機動性アップ (10秒 CT60秒 使用後オーバーヒート)

グレイズ コスト240

実弾系機体
モジュール : ナノラミネートアーマー ビーム攻撃を軽減する
1 : 斧投擲(爆風武器)
2 : セミオート実弾ライフル
3 : ショットガン

リベリオン

ガンダムバルバトス(第4形態) コスト340

敵攻撃時に機体性能が上がるタイプの格闘機体。
格闘攻撃を当てると被ダメージと被DP軽減。格闘ブースト消費量も軽減。本拠点ダメージは下がる。
モジュール : ナノラミネートアーマー ビーム攻撃を軽減する
モジュール : 阿頼耶識システム 被DP軽減、回復速度上昇
1 : 高DP炸裂弾
2 : メイス(範囲の広い格闘)
3 : フルオート実弾ライフル、3点式実弾ライフル (1、5と持ち替えなし)
4 : 太刀(2段格闘)
5 : 高DPライフル

ガフラン コスト240変形機体

1 : ビームブラスト弾
2 : セミオートビームライフル
3 : ビームショットガン(内蔵武器)
変形可能

新マップ火星

試合の状況によって壁が生える(おそらく拠点周辺)

新パイロットパス機体

ジェノアカスタム
流星号(グレイズ改弐)
コスト不明

新イベント機体

低コスト(200コスト以下)
OGSモビルワーカー
鉄華団モビルワーカー

これからのガンオン

ロックオンチャージビームライフル調整

ロングチャージビームライフルの赤ロック距離に関して詳細は言及していない

クインマンサやチャージビームライフルは現状維持。
重撃としての兵科の強みを出すため今回は調整保留。
今後もしかしたら調整あるやも

格闘移動について

格闘回数制限は撤廃(すでに告知済み)
対象機体を絞って調整

通常格闘のアップデート

ダッシュ格闘は現状のまま変わらない。
通常格闘に赤ロックオン300が追加(機体による)
被DPを大幅に軽減する。(ダメージは食らう)
上昇する(下降も?)ため飛んだ敵も自動追尾する。
赤ロック中に当てるとダメージとダウンポイントが上がる(一撃よろけやダウンが狙える)
通常ブースト速度で誘導するため誘導性能は低め
ダッシュ格闘は一切追尾しない。
緊急回避やブーストで回避可能。
通常格闘誘導中に緊急回避でキャンセル可能。

機体関連

戦力ゲージが離れると負けている陣営の制圧力が上昇する。

本拠点攻撃の際に先陣を切ったパイロットへのスコア調整。
本拠点襲撃スコアとは別のスコア要素(ボーナス)となる。
今後も僻地レーダーなどポイントで評価されにくい要素をスコアとして追加する予定。

個別機体リスト

バンシィ・ノルン(グリーンフレーム)
ユニコーンガンダム(グリーンフレーム)

階級システム

階級リセット

階級リセットを無くすことで意図的な階級下げを無くす。
リセット直後のマッチングが荒れる点の改善。
大将維持といった階級を維持し続けることで「専用ではないDXチケット」を新規に配布。

階級ポイントの調整

下がりにくくする調整?

新しい評価システムの導入

昇格試験?
勝敗に関係なく、個人成績で階級が上下する昇格システム?

階級ポイントの調整と新しい評価システムの導入に関しては「ぼかしすぎていてよくわからなかった」
匂わせ程度の情報。

8月以降のアップデート予定

プレイボーナスチケットアップデート

Oガンダムといったパイロットパスの機体も入手可能。(シルバー設計図、ゴールド設計図はしばらくしたら実装)
ハロチケの入手チャンスを増やす
ハロチケを入手するのに必要なポイントは年単位では無い。
ただしそれなりに多いようだ。

関連記事

ページ上部へ戻る