ガジェットレビュー・・・「プロ仕様ゲーミングキーボード : Steelseries 7G JP」

20130923-004.jpg
SteelSeries 7G (Japan) キーボード Amazon
キーボードレビューも3回目
今回は「プロ仕様 ゲーミングキーボード Steelseries 7G」をレビュー

出会い

結論を言うと「衝動買い」
最近は秋葉原でゲーミングデバイスを扱ったお店が増えている
PCゲームSHOPアークG-tune ガレージは取り扱いが多いので良く行く
そこでガジェットレビュー次の獲物を探していた
これらの店は実機が触れるのでとても参考になる
何個か良さそうなのをチェックした後、秋葉原散策していた
私はそこで彼女に出会った
中古屋の片隅でひっそりと佇んでいた彼女に
他にゲーム関連のデバイスなんて扱っていない店なのに!
この出会いに運命を感じた
気が付いた時には私は彼女を抱きしめていた
・・・・・・
そんな入手経緯だ
秋葉原散策はコレだから本当に止められない
そのため「新品ではなく中古品」のレビューになるので注意
本来新品だと15000円程度するのだが10000円ほどだった
中古でもかなり「思い切った決断」だった
そこは運命の出会いだと信じて疑わなかった

最初にしたこと


掃除をした
中古ゆえキーの間から埃が見えた
せっかくなので綺麗に使いたい
そこで思い切って全キーを外して大掛かりな掃除を実施
20130923-14.jpg
キーを全部外してボードのゴミや埃を取り除き除菌シートで拭く
キーも全て除菌シートで拭いた後、元に戻す
ざっと1時間ぐらいだろうか
ここでこのキーボードの特徴が光った
「キーを外すのがとても簡単」
キーの上下を押さえて引っ張るだけで取れる
おかげで思っていたより短時間で掃除をすることができた
メンテナンスがとてもしやすいキーボードだった

外観

綺麗になったよ!
磨けば輝く娘だった!
正面
20130923-008.jpg

20130923-005.jpg

20130923-006.jpg

特徴と感想

  • 日本人ですよ? 日本語配列キーボード
    以前レビューしたPX-1100は英語配列だった
    今回のSteelSeries 7Gは日本語配列キーボード

  • 包容力のあるパームレスト
    パームレスト装備でサイズ : 縦24cm x 横48cm x 高さ4cm(一番高いところで)
    あふれんばかりの母性で手首を包み込んでくれる
    そのパームレストのおかげで手首がとても安定する
    机のスペースが必要になるが手首への負担はかなり軽減されるだろう

20130923-010.jpg

  • 無駄は嫌い、Windowsキー廃止
    左側の画像を見ていただくとわかるのだがWindowsマークではない
    このキーはWindowsキーは右側にしかない
    これは「ゲーム中のWindowsキー誤打」を防ぐための措置
    Windowsキーの代わりに入っているこのキーはオーディオショートカットキー
    ゲームに影響ないキーとなっている

  • オーディオもUSBもこなす器用な子
    左後方にUSBポート2個とオーディオジャック付き
    私がこの娘に決めた一番の理由「オーディオジャック」
    私は実況プレイで時々ノイズが入る
    その原因は今使っているヘッドセットのケーブルの長さがギリギリなこと
    その為ちょっとでもケーブルにひっかかるとノイズが入る
    このキーボードのおかげでその悩みから開放された
    このジャックが無かったら運命の出会いはなかったかもしれない
    それぐらい私にとって重要なポイント
    USBポートが2つあるのでマウスなどUSBガジェットを繋げるのもポイント
    この位置に2つUSBポートがあるのは結構使い勝手が良い
    注意しておきたいのがUSB1.1と言う点
    USB1.1は転送スピードが遅い
    その為USBメモリなどを指すのには適していない

20130923-009.jpg

  • 黒軸メカニカルキーで弾力のある肌
    このキーボードはメカニカルキーボードだ
    Cherry Electrical Products製の黒軸を採用している
    茶、赤、黒、青の4軸が存在する
    その中でも黒軸は反発が強く押し心地のとても優れた軸
    実際、物凄く弾力があり押していると言う実感がある

    参考サイト : キーボード特集!入力環境にこだわりスイッチで選ぶ!
    茶軸:軽く素直な押し込み感と、底打ち前にカチリと軽やかなスイッチ感があります。
    黒軸:スイッチ感は無くストレートな押し込み感があります。
    白軸:茶軸を重くした感じです。最近はほとんど見かけません。
    青軸:茶軸にカッチンと明確なスイッチ感を加えた感じです。
    赤軸:スイッチ感はなく黒軸を軽くしたものです。

20130923-12.jpg
20130923-13.jpg

  • しなやかなその肢体、曲線美
    このキーボード、キー配列が単純な斜めではない
    微妙にカーブしている
    ゲームをプレイするのに最重要なWASDを少しでも押しやすいように作られた形
    この曲線がとても美しい

20130923-15.jpg

  • 金メッキまでビシッと決めたオシャレさん
    ケーブル口は金メッキ仕様
    メカニカルキー内部にも金メッキを搭載したオシャレさん
    その為耐久性がとても高い

20130923-16-400-203.jpg

  • 全キー同時押し可能、千手観音
    その姿、菩薩の如し
    「PS/2接続した場合のみ」全キー同時押し可能
    USB変換アダプタを使用してUSB接続すると同時押しは6キー
    (注 : このキーボードには市場でほとんど見ない「PS/2をUSBに変換するアダプタ」がついてくる)
    ゲームによっては同時押し数が多いものがあるのでPS/2接続をしよう
    ケーブルにオーディオケーブルなども入っているためケーブルが頑丈で太いのも特徴

20130923-001.jpg

  • 根はしっかりさん、その重量1170グラム
    なんと重量1170グラムある
    しかも「パームレストを外した状態」で・・・だ
    よほど力を入れない限り、ゲーム中にポジションが変わることは無いだろう

ゲームをプレイしてみて

ここ数日ずっとこのキーボードでガンダムオンラインをプレイしている
もう前のキーボードには戻れない
それぐらい満足度が高い
心地よい打鍵音、キーレスポンスの良さ、がっしりとしたパームレストで長時間プレイも苦にならない
以前レビューしたPX-1100は英語配列の上、Enterキーが小さく違和感があった
今回はそういった問題もなく非常に快適

初の試み、動画実況レビュー

今回初めて、動画で実況レビューしてみた
今後こういう形でもガジェットレビューしていこうと思う
とりあえず次は三脚が必要なことがわかった
手が綺麗な人がうらやましい!!!!

動画にちょこっと出てくる右手用ハンドレストはこの子

まとめ

今までのキーボードを過去にする
メンブレン式しか触ったことがない人(私)
そういう人はもうメンブレン式に戻れないだろう
それぐらい使っていて全てにおいて質が違う
ゲーミングキーボードに必要な要素をしっかりと押さえている
それでいてメカニカルキー独特の打鍵音
奏でることが可能なゲーミングキーボード
とても気に入った逸品
価格だけの価値はある

注意点

黒軸タイプなためキーを押すのに少し力が必要
その為女性にはあまりオススメできないかもしれない

リンク

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る