ゲーミングキーボードレビュー : ROCCAT Arvo マクロ搭載コンパクトキーボード

20140106-01

ROCCAT Arvo Compact Gaming Keyboard

今回はゲーミングキーボード ROCCAT Arvoをレビュー
小型で場所を取らない有線タイプのメンブレンキーボードだ
結論からお伝えしよう

結論

癖が強くゲーミングキーボードとしては荒が目立つ
コンパクトキーボードとしては使い道豊富

仕様

キー数:97
本体サイズ:390(W)×140(D)
ケーブル : 2m
マクロキー : 5つ
ドライバ : 専用ドライバ

外観

Filco Minila Airとの大きさ比較

20140106-17

左側

20140106-03

右側

20140106-04

背面

20140106-14

クローズアップ

20140106-07

マクロキー

20140106-12

テンキー切替ボタン

20140106-06

特徴

テンキーがキーで切替可能

表と裏の2モードを右上のキーで切替が可能
表はテンキー、裏がDELや矢印キー
これが長所でもあり短所でもある
必要なモードに切り替えることで小型ながらテンキーや矢印キーが使える
テンキーとDELキーなどを同時に使えないため切替頻度が多い

光る

テンキーを裏モードに変えると矢印部分が光る
見た目でパッと判断が可能

5つのマクロキー

スペースキーの下に3つ
テンキー裏モード時に2つ
計5つのマクロキー
特に便利なのが裏モード時 4番のキー
私はここにF7(カタカナ変換)を入れている

マクロ設定やWindowsキー無効化可能

専用ツールでマクロキーを変更可能
それ以外にWindowsキーの無効などちょっとした変更が可能

感想

長所 : メンブレンだがとても打ち易い

メカニカルキーのような打鍵音は無いものの安定した打ち心地
打鍵音が無いのは以下の様な人に利点
実況プレイや配信する人
音が動画に入り込まない
打鍵音の小さいメンブレンも悪く無いな・・・と思った

短所 : ファンクションキーが横並び

ファンクションキーが4つずつ分かれていないため慣れが必要
ブラインドタッチだと押し間違いが結構あった
デザイン重視よりそこは使いやすさ重視をしてほしかった

短所 : キー印字が後付け?

このキーボードで一番残念な点
キートップの印字が後から吹きつけたようになっている
デザイン性を大分損なっている

短所 : スペースキーが短い

スペースキーが短い為スペースを押しながら「M」キーが押せない

短所 : 同時押し数が変

WとAキーを押しながらMキーを押しても反応しない
Wキー押しながらMキーは反応する
WキーとDキーを押しながらMキーも反応する
同時押し数と言うより一部キーの同時押しに問題があるようだ

まとめ

ゲームより日常使用

ゲーム用ではなく、ブログ書きやフォトショなどの作業用
作業用ならば同時押しが少なくても気にならない
スペースキー下のマクロも重宝する
しかし、作業用のキーボードとしては少し割高
性能だけ見ると2000円で十分と言う感じ
5000円は高すぎる
ROCCATはKone+でスタイリッシュさを買っていたがこのキーボードは残念だった

リンク

ROCCAT Arvo Compact Gaming Keyboard
公式サイト
ROCCAT Kone+レビュー
七色キーボード Filco Minila Airレビュー
他のゲーミングデバイスレビュー

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る