CoD MW3・・・「TDM Map : Resistance 攻略」(動画付き)

今回はマップ「Resistance」の攻略
【Resistance 特徴】

  • 高低差があり障害物が多いマップ
  • 侵入路が多く裏取りが有効なマップ
  • 入り組んだマップのため近~中距離での戦闘が多い
  • スナイパーポイントは限定される

【ポイント】
map mw3_resistance_1
【解説】

  • 赤マル
    両チームの初期リスポーンポイント

  • 1 (①)
    激戦ポイント
    矢印が主な侵入路
    赤矢印より緑矢印側が若干有利
    赤側から侵入する際は敵の待ち伏せに注意
    待ち伏せが居た場合は4(④)から迂回しよう
    建物内に侵入する前にグレネードで敵がいるかをしっかり確認
    IMSやクレイモアに注意

  • 2 (②)
    1に次ぐ激戦ポイント
    ここはリスポーンポイントも多い
    その為敵が複数居ると思った方が良い
    じっとしていると真後ろに敵が復活したりする
    篭るポイントと言うより通過するポイント
    黄色矢印が主な侵入路

  • 3 (③)
    ここは敵を押し込んだ時に行くポイント
    もしくは敵の裏を取りたいときに通過するポイント
    リスポーン直後の敵か待ち伏せした敵のどちらかと遭遇する
    待ち伏せが居る場合は攻め込む側が圧倒的不利なのでスルー推奨
    高台が有利
    侵入してくる敵が丸見えになる
    守る場合は高台に登ろう

  • 4 (④)
    比較的手薄になるポイント
    対岸へ行くための通路
    見晴らしが良いのでスナイパーが居た場合餌食になる
    MAP左側の4 (④)は上から侵入がしやすく
    MAP右側の4 (④)は下から侵入がしやすい
    援軍がすぐ来るポイントでもある
    立ち止まらずに通過しよう

  • 篭マーク
    Camper大好きポイント
    特に1 (①)と3 (③)に篭られると厄介
    1人で無理に攻め込むとハイリスクローリターンだ
    どちらもスルー推奨
    1 (①)は占拠しておくと試合運びが若干楽になる
    IMSなどを仕込んでおくと良いだろう

  • 砂マーク
    スナイパーが居るポイント
    篭りにくいマップなのでスナイパーは不利なマップだ
    スナイパーが敵に居た場合は砂マークの場所をチェックしてみよう

【プレイ動画】

【まとめ】

臨機応変な対応力が求められる
重要なのは味方との距離感

マップが入り組んでいるため戦場が流動的に動く
それに対応できない人から順次狩られていく
不意打ちをもらいやすいマップだ
敵の位置より味方の位置を意識しよう

関連記事

ページ上部へ戻る