ガンオン改善案 : もはや隣の国の話ではない【LoVAの陥っている惨状から学ぶ】

ガンオン攻略

以前【サービス終了】祭りにすらならず終わっていくもの(ゲーム)たちという記事でスクウェア・エニックスがサービスしている「ガンスリンガーストラトス リローデッド」を取り上げた。
ガンスリンガーと同じくスクウェア・エニックスが現在サービス中の「LORD of VERMILION ARENA」(LoVA)というゲームがある。

こちらもどうやら非常に「マズイ」状態のようだ。
簡単に言うと「超絶過疎」
5vs5のゲームなのにほとんどマッチングしない時間帯すらあるようだ。
オープンβ以降プレイしなくなって久しい私の元に「サービス向上アンケート」が送られてくる始末だ。
このままだとガンスリンガーと同じ運命をたどるのではないかと一部では言われている。

どんなゲームでも採算が取れなくなったらサービス終了する可能性があるということ。
そしてガンオンもそうならないというわけではないということ。

ガンオンが現在抱えている問題として挙げられるのは以下の3点

  • 収益がDX機体依存 : DX機体を揃えるのが比較的容易で揃えた後のエンドコンテンツが乏しい
  • オフピーク帯 : 50vs50と1戦場で100人規模を行うだけの接続人数をカバーしきれていない
  • マンネリ化 : サービス開始から3年経ち大規模戦という目新しさはなくなった

収益がDX機体依存

こちらに関しては下記記事参照。

ガンオン考察 : ガンオンをソシャゲ視点で見てみる【キャラ(機体)集めゲーム】

オフピーク帯

根強くガンオンに残る構造的な問題。
ガンオンは100人必要なゲームなので他のゲームより人が沢山いなきゃ対戦ができないのだ。
働いたり学校がある日中はどうしても接続人数が落ちる。これは避けられないことだ。

その人が少ない日中に人が多い時間帯と同じことをやっていてはそこから人が抜けていく。

LoVAの話に戻るが、そもそもLoVAや他の対戦ゲームがサービス終了へ向かう最初のきっかけは対戦できなくなる(または対戦として成立しなくなる)こと
LoVAの場合は舵取りに大きく失敗したのだが今回の主旨とずれるので話を戻そう。

ガンオンは今まで「対戦の質より対戦させることを優先」させてきた。
この方針自体は問題ではない。ただし、以下の2点により対戦の質が落ちていた。

1 接続人数が少ないため階級格差が発生する
2 上位階級の待ち時間がとても長くなったり偏ったりする

そのためオフピーク帯は「魔の時間帯」と言われ敬遠される傾向が強かった。
この敬遠されてしまう流れがマズイのだ。

  • オフピーク帯を敬遠するようになり気軽にプレイしにくくなる。
  • プレイへのモチベーションが下がる。
  • 無理してプレイしなくても良いよねという感覚になる。
  • 他のゲームやればいいよね。

結果、間接的、直接的にオフピーク帯から人がどんどん減っていくのだ。
以前のガンオンはこれに加え「連隊問題」が拍車をかけていたのだが、連隊問題に関しては致命傷レベルの問題ではなくなっていると私は思っている。

対策1 : マップの規模を縮小して対策する

15vs15、25vs25の小規模、中規模マップを実装する

3:00 – 15:00 までの時間限定でプレイできるようにする。技術的に可能であれば50vs50のマップ「も」プレイできるようにする。
毎回15vs15、25vs25マップなのではなく「その時間帯に出没する限定マップ」のような位置付けにすることで印象を変えることが出来る。
そのマップ限定で手に入る素材などもあればその時間帯にプレイする人を増やす荒業としても作用するのではないだろうか。

そしてガンオンの「マンネリ化」対策にも一役を買ってくれるだろう。

対策2 : 時間限定イベントを積極的に採用する

オフピーク帯は人が少ないのならば呼びこめば良い

その時間帯のみ発生するイベントを作る。それも毎週報酬を変える。

例 : 3:00 – 15:00 この時間限定で過去のイベントを再発生するようにする(週替り)
去年のバレンタインアイテムが報酬画面で出てくる。
去年の新年アイテムが報酬画面で出てくる。
ベアッガイ(要請書)が報酬画面で出てくる。
特に人を呼び込めそうな12:00 – 13:00は報酬画面に出現する可能性が倍になる。

これは非常に手間がかかる。
しかし離れる人を少しでも減らす努力をするよりは増やす努力をした方が運営的の気持ち的にも楽なのではないだろうか。

マンネリ化

こればっかりはどうしようも無い部分がある。

マンネリ感を無くすのはどれも大掛かりになる。ガンオンで言うと大型アップデートがマンネリ対策だ。
ただし、新しい機体だけではもはやマンネリ化は止められないのではないだろうかという気がしている。

何故なら機体が増えすぎている割に使える機体が限られすぎているからだ。

そのため「強いと言われる機体しか使われない」のが現状。

マンネリはこの「使っている機体がほとんど変わらないこと」と「試合展開がほとんど一緒」ということから来ている気がする。
そこで「色々な機体をもっと気軽に使えるような自由度」がマンネリ打破のキーなのではないだろうか。

私が色々な機体を使うのも自分でマンネリ化を予防しているのだ。

限定戦とまでいかなくても使える機体が指定されるマップがあっても面白いと思うのだが・・・。

例 : マップ ニューヤーク

使える機体 : 1stガンダム登場機体

自分の倉庫に無い場合もあるので運営からレベル80の4機を支給される。
自分で持っている人向けに4機まで自分の倉庫から出撃させられる。

つまり持っていなければ「運営からの借物」で戦い、持っていれば「自分の機体」で闘うことができる。
そしてその戦場では全て1stガンダムにしか登場しない機体だ。

限定戦も切り口をちょっと工夫するとまだまだ色々やりようのあるコンテンツ。
ガンオンはまだまだやれると思っている。
やることが多すぎて運営も大変だろうが、是非色々チャレンジしていってほしいと思う。

タイトルとURLをコピーしました