フロンティアIはバトルエリアが機能していないレースマップだった #ガンオン

「フロンティアⅠ- ETERNAL WIND - 」マップが実装されてから一週間と少しが経過。

結論を述べると「バトルエリアを無視して凸しあうマップ」だった。

両軍初動で突撃戦術をした場合、初動で本拠地が2つ落ちてしまうこともあるほど。
補給艦からの突撃も有効に機能しやすいマップのため移動式バトルエリアが完全に空気

作り手サイドとしてはもう少しバトルエリアで戦ってほしいという思惑があったのだろうが、結果としてレース寄りのマップになっている。

ここまでバトルエリアが空気なのも珍しい。
バトルエリア維持によるゲージ消耗率をもう少し増やしたり、バトルエリア内で戦うことによるポイントメリットも増やしたほうが良さそうだ。

現状は「拠点周りで得られるポイント(拠点防衛、拠点襲撃(本拠点防衛、本拠点襲撃)」 > バトルエリアで得られるポイント

将官戦場に限らずプレイヤーはポイントが稼ぎやすいかどうかが重要な行動基準となっている。

現在は拠点防衛と襲撃のポイントが美味しすぎるため拠点の周辺で戦う構図が散見される。

拠点以外の場所で戦ってもポイント差が歴然としているため拠点での戦闘に終始するシーンも多い。
拠点周りのポイントが美味しすぎる関係で「一箇所密集」という構図ができあがっている。
もう少し違うポイントゲットのチャンスがあれば、過密した戦場を分散させることもできそうなものだが・・・。

そういった関係からフロンティアIはバトルエリアよりも本拠地凸や拠点、本拠地防衛が優先されている状態。
バトルエリアのシステムは好きなのでここまでバトルエリアが機能していないのを見るのは少し残念だ。

フロンティアIで戦う場合は本拠地への侵入がしやすい機体、機動力に優れた機体を中心にデッキを組むと戦いやすくなるだろう。

関連記事

ページ上部へ戻る