数百機体居るのに気軽に入手出来る機体の割合が少なすぎる件

今回言いたいこと

コスト280以下の機体は入手難度を下げてもいいのでは?

新しく始めた人の「ゴールド設計図」機体入手手段

1 階級を上げることによる新兵応援キャンペーン
2 500万GPで買う
3 GPガシャコン(超低確率)
4 DXガシャコン
5 イベント(不定期開催)
6 プレイボーナスチケットによる交換 (最低30日プレイが必要)

基本は上記6種類

シルバー設計図ならば安く手に入るものの、ゴールド設計図と大きく性能がかけ離れた機体も少なくない。
新しく始めた人がいきなりDXガシャコンで課金するとは思えないので、確実に入手できる方法は1と2と6。

GP機体を買おうにも杓子定規のように全て500万GP。
その上バリエーションはほとんど増えてない。
機体を入手した後も開発にとてもGPがかかるためGPで機体を購入するのも大変。
GPガシャコンもシルバー設計図しかでない(ゴールド設計図は超低確率)

これでは始めた人もそのハードルの高さだけが印象に残るだろう。
ガンオンはP2W、課金しないとまともに遊べないという印象はこういう機体入手難度の高さからもきているのではないだろうか。

機体を入手しやすくするというのはとても重要。

なぜなら、ガンオンは「機体を集めるのが楽しいゲーム」機体を入手しやすい環境へ改善すべきだろう。

前回の記事であったように「一斉出撃イベントのようなプレイ回数=機体なイベントは接続増」になる。
機体が手に入る一斉出撃イベント時はプレイ頻度が上がるのに対し、通常の大規模戦はいくらやっても機体の入手にはつながらないので参戦モチベーションが低い

もっと気軽にGPを使って機体を入手できるようになれば参戦モチベーションも上がるだろう。

改善案

機体設計図の購入費用をコストによって変える

コストが低い機体は安くする。
例 コスト220 50万GP
コスト 240は100万GP

低コスト機体はこれぐらい低くてもいいのでは?
特性も上げやすくし、広く普及させてこその「低コスト」機体だろう。

GPガシャコンのゴールド設計図当選確率を変える

コストが低い機体ほどもっと当たるようにする。
現状、GPガシャコンは1000万GP近く使ってやっと1機か2機ゴールド設計図が入手できるかどうか
しかも低コスト機体だったりする。
こんな状態ではGPを溜めるモチベーションは一切上がらない。
低コスト機はかなり当りやすくして高コスト機は激レア。そういったメリハリがあるべきではないだろうか。

まとめ

機体を入手しやすい環境が重要。多分ゲームバランスと同じぐらい重要。

数百機体居るのだから、コストが低い機体ぐらいはもっとばらまいてもいいのでは?
DXガシャコン産機体だからといって全部が全部500万GPという状況も時代遅れ。
最近連邦軍でプレイする機会が増えたので改めて機体の入手に関して考えてみた。

再度言うが、ガンオンは機体を集めるのが楽しい。

ただ、課金する以外での入手はかなりハードルが高い。
新機体である必要は無いので現在居る数百機体をもっと入手しやすい環境へ変えてほしいものだ。

関連記事

ページ上部へ戻る