新階級システム、将官不足で佐官も将官戦場へ

新階級システムが実装され一週間が経過した。
旧システムに比べ階級を上げるために必要な試合数が多い。
昇格試験をクリアした後、数試合失敗すると降格するため、せっかく昇格したのに直後降格、また昇格試験をやることになってしまう。

それに加え現在の陣営間のバランスが崩れており、リベリオンは将官の数がとても少ない。
そういった状況が続いていたためマッチングの時間がとにかく長くなっていた。
そしてついに佐官帯のプレイヤーが将官戦場へ駆り出されるようになってきている。
そのため混合戦が発生しにくくなっており、極端な試合がさらに増えた印象を受ける。

今回の新階級システム、昇格システムは一度見直しした方がよいのではないだろうか?
それぐらい現場は混乱に包まれている。

混合戦が起きにくいためオーダーはマッチングが長時間化し同軍戦多発。
リベリオンは比較的短いものの極端な試合展開が多いためドクターストップをかけられてしまうプレイヤーが多発。

昨夜はそんな中でも比較的リベリオンで頑張ってプレイできた方だが、日が変わる前後ぐらいから格差のあるマッチングが増えるため前シーズンよりプレイ時間は短くなった
ガッツリプレイしていたプレイヤーのプレイモチベーションを奪うほどの現状である。

良かれと思って実装したシステムかもしれないが、正直この昇格システムは失敗と感じている今日この頃だ。

昨夜のハイライト

バルバトスが初動荒らせるとその後の展開が大きく有利に傾くので初動の突撃がとても重要。

バルバトス以外の格闘機体を使ってみた

スローネツヴァイの誘導格闘をテスト。
小規模戦闘ならばブースト回復を使って立ち回りができるものの、そういうシーンにほとんどならないので実用性は低め。

関連記事

ページ上部へ戻る