オーダーに感じる中低コストより高コストな時代

今シーズンは高コストを中心にデッキを組むことになりそうだ。

と、言うのも低コストは実有効射程が短距離であることが多く中距離戦では何もできないからだ。

覚醒キュベレイが増えたことによってリベリオンが中途半端に前へ出てくることがなくなった。
戦場で奇妙の空白状態があり、距離300~400ほど両陣営の機体が離れている。
その距離は低コストだと「当てる攻撃が無い」のだ。
結果、ムリに前へ出てただやられるだけのシーンが今シーズンは増えた印象。

現環境である程度攻撃を当てつつ、相手へプレッシャーを与えることが出来る機体は高コストに限られてくる。

今回はそんな機体のハイライトだ。

テキサスコロニーのような密集地で設置罠によって瞬間的に火力を取れるバンシィ・ノルングリーンフレーム。
距離300を一瞬で詰めて相手を切り倒すガンダム・キマリス。
高い防御性能と範囲火力で距離300で安定した性能を発揮するνガンダムHWS。

どれも高コストとして一級クラスの性能を持つ機体。
今シーズンを乗り切る上で重要になってくる機体と言えよう。

バンシィ・ノルンとテキサスコロニー

ラインを壊すキーマン ガンダム・キマリス

シャングリラでも安定した戦果を出すνガンダムHWS

今回のハイライトがあった生放送アーカイブ

関連記事

ページ上部へ戻る